ホームページから受注問合せを増やす方法

こんにちは。
B’sCre8(ビーズクリエイト)代表の唐澤です。
本日のB’sウェブ通信はこちら

「ホームページから受注問合せを増やす方法」です。
やり方は沢山ありますし、業種によっても様々ですが
どこの業種にも当てはまる事をひとつだけ教えます!

たった一言、「誰のために何をどうさせたいか」ということになります。
「???」とハテナが3つもついてしまいますよね?

簡単に説明すると、自社が売りたい商品・サービスは、誰かに使って欲しくて
また、誰かに使ってもらった後にどのようになって欲しいか?ということになります。
まだ「??」ですかね?

見方を変えてみるといいかもしれません。
自分が売りたい商品・サービスより、ユーザーが抱えている問題もしくは
その問題を解決する手段が商品やサービスだった場合は間違いなく
その商品やサービスも一緒に売れるということになります。

なんでそれがお題とつながるの?というところですが
Googleの検索窓に、皆さんが困ったことを入力して答えを探しているからです。
こんなキーワードで検索したお客様がいたら…当社のホームページは…
問題解決の答えやイメージを持って自社サイトを構築すれば
自然と受注問い合わせは増えてまいります。

だって、困っている人目線で商品やサービスが有るのだから…
そんな目線で自社サイトもう一度見直してみましょう
きっと改善したいところがでてくるはずです。

いかがでしたでしょうか?本日のB’sウェブ通信。
当社は成果を求める企業様のパートナーであり続けるために
いろいろな取組をしております。
売上が伸び悩んでいる企業様、集客に苦労されているマーケティング担当様、
ぜひ一度ご相談ください。
当社のプロフェッショナルたちが無料でご相談を承ります。
次回もお楽しみに!

Takeyuki Karasawa

この記事を書いた人: Takeyuki Karasawa

ビーズクリエイト代表の唐澤です。

「社長」という役職がどうしても好きになれない僕です。
できれば、「社長」という役割分担にしていただきたい。

あわせて読みたい