地域貢献もしてますよ。

あけましておめでとうございます。

このブログが公開される頃が、ちょうど私の誕生日。67歳になっちゃった。

それにしても去年は、“今年の漢字”に「災」選ばれるほど、災害が多い年でした。

ボランティアがクローズアップされたも「災い」に関連してのこと。

今年は、災い転じて福となって、「福」が選ばれる年になればと祈るのみです。

さて、毎回ご紹介しているわたしの編集によるPR誌からの記事。

ボランティアじゃないけど、ちょっとした地元貢献のおハナシです。

 

 

農機具をご自身の手で格納整備。いま農機工場を無料開放しています。

12月20日まで実施している“農機工場無料開放キャンペーン”。おかげさまで、地元農家の方々に好評をいただいています。

このキャンペーンは、1年間使った農機具を格納整備する時に、『わたしたちの工場の設備や工具を自由に使ってください』という趣旨のものです。

特殊工具、コンプレッサー、高圧洗浄機など、整備に必要なプロの道具が使い放題。もちろん、一級整備士によるアドバイスを受けつつ作業ができます。

オイル交換もご自身でやっていただくことで、負担はオイル代の実費をいただくのみ。リーズナブルに高度な格納整備ができるこの“農機工場無料開放キャンペーン”。

秋の収穫が終わった後、「ごくろうさん」と自分の手で格納整備をすることで、農機具への愛着がさらに深まるのではと考えて企画したものです。

ご利用の際は、3日前までに電話にて事前予約をお願いします。

 

「今度からは自分で出来る」。自信をつけてお帰りでした。

先日、“農機工場無料開放キャンペーン”に参加していただいたお客様のお話です。ご持参いただいたのは発電機。

「ガソリンを抜いて仕舞っておいたんだけど、掛からなくなってしまいました」とのこと。

整備士は、この手のトラブルの原因は分かり切っています。「ガソリンタンクは空っぽにしても、キャブレターからは抜きませんでしたね」。

ガソリンは3ヶ月で劣化します。ですから、使わない時期は抜いておくことが鉄則です。

ただ、見落としがちなのがキャブレター。ここに残った燃料が劣化して詰まってしまうことが多々あります。

この発電機も同じケースです。整備士は「このキャブレターを外して分解。純正の洗浄材を吹きかけて」とお手本を示します。

組み立ててエンジンを掛けたら一発で始動。手順を写真で記録していたお客様は、「これからは自分で出来ます。ありがとうございました」と自信をつけられたご様子でお帰りになりました。

j.naionji

この記事を書いた人: j.naionji

・1952年生まれ、バリバリのジジイです。本籍は横浜。趣味は半農半漁(家庭菜園と釣り)ですが、長野に住みだして、家庭菜園は7段の段々畑を借りたので広大になりました。釣りは、今まではちっちゃいモーターボートで海釣りしてたけど、ここは海なし県なので、渓流釣りに切り替えました。妻は横浜に住んでいて別居状態。離れ離れになったおかげで、険悪だった仲が、最近、フツーになったみたい。いま、仲が悪い夫婦には、積極的に別居を勧めています。

あわせて読みたい