今から始める会社用WEBサイトを作るときのポイント

こんにちは、デザイナーの寺島です。

当社では様々なWEBサイト制作を承ってきましたが、割合としては会社関係のWEBサイトが多いです。
経営者様自ら申し込まれることが多く、WEBサイトに望むものも様々です。
会社の紹介、または製品やサービスのアピール、ネット販売という販路を開拓しての売上増、問い合わせ・求人応募の増加目的など実に多様です。

ただ、自社のWEBサイトを作りたいと思う方は多くても、どうしたらいいか分からないという方も多いとのことなので、今回は 会社用WEBサイトを作りたい人向けの話をします。
 
 
まず、WEBサイトを制作しようと思った時、二通りの方法があります。
『個人で制作するか』『第三者に制作を依頼するか』です。

現在は個人でもWEBサイトを制作できるツールやサービスが多く提供されています。
こうしたサービスが充実するまでは、個人の技術がないとWEBサイトの制作は難しいものでしたが、今では高機能で無料な物もある為、個人で制作することも可能です。

自分で作らない場合、制作会社への依頼があります。
今では制作会社も全国にあり、探せば地元の制作会社を見つけることも難しくありません。

ただ、前提として『WEBサイトは制作するだけで終わりではない』ことを意識して欲しいと思っています。
まずWEBサイトを作ろうと思った目的があるはずで、その目的を達成できるWEBサイトを作れているかが大事です。
加えて、WEBサイトは情報が更新されなければ淘汰される性質があります(Googleなどの検索サイトやネットを使うユーザーから)。

『WEBサイトでの目的達成と鮮度の維持』を実践しようとすると、日常的にWEBサイトの分析と改善が必要になります。
そこで次に問題として浮上するのが、『誰がWEBサイトの分析と改善を行うのか』という点です。

これも制作の時と同じように、自分で行うか第三者に依頼するか選択できます。
ただ、自分でWEBサイトに対する時間を作って定期的にWEBサイトを更新していくというのは、社内で専門の人材を確保したり、経験者でないとなかなか難しいです。
また、分析については技術だけでなくノウハウも求められる為、経験がないと大変な作業となります。

そうした手間の解消や、専門家のノウハウをWEBサイトに取り入れたいなら、専門の会社へのご依頼は有効な選択肢になり得ます。
その際に注意していただきたいのが、WEBサイト制作会社にも色々あるということです。

 1.WEBサイトの制作
 2.WEBサイトの更新
 3.WEBサイトの分析と提案

先に上げた条件をクリアするには、上記2と3を代行できる制作会社を見つける必要があります。
もし、制作のみを依頼した場合、WEBサイト公開以降の作業は全て自ら行わなくてはなりません。
また、WEBサイト制作後の対応を謳っているところでも、サイト内の画像や文章の入れ替え・追加など、「依頼の都度、その内容だけを対応する」場合があります(世の中の『WEBサイトの更新作業の代行』が大体これを指します)。
その場合、分析と改善提案は自分で行う必要があります。

ではWEBサイトの分析と改善案を出せる制作会社はあるのか? というともちろん存在します。
しかし、該当する会社は驚くほど減ります。
WEBサイトの制作と更新を行う会社は全国にあります。
WEBサイトの分析・改善提案のみを行う会社も少なからず存在します。
しかし、制作+更新+分析と改善提案を行う会社はグッと減ります。

ビーズクリエイトでは上記全ての依頼に対応しており、特にWEBサイト公開後の分析に力を入れています。
ご依頼者様の『求人応募数を増やしたい』『WEBサイトをもっと見てもらいたい』といった様々なご要望に対し、WEBサイトを分析して得たデータとノウハウを元に改善提案を行ってきました。

もちろん既に自社のWEBサイトをお持ちの方からのご相談も受け付けております。(リニューアルすることで最新のデザインが手に入り、分析と改善もしっかり行います)
会社のWEBサイトでお悩みがあれば、お気軽にご相談下さい。

ビーズクリエイト(株式会社唐澤農機サービス インターネット事業部)
〒389-0512 長野県東御市滋野乙3012-1 TEL:0268-71-0090

>>無料資料をダウンロード

寺島

この記事を書いた人: 寺島

ビーズクリエイトで主にディレクション・コンサルティング・分析等を担当しています。

あわせて読みたい