最近話題のMEO対策って何だろう?!

ホームページの検索順位を上げるSEO(サーチエンジン最適化)はよく耳にされる方も多いと思いますが、最近は「MEO」(またはMEO対策)という単語が流行の兆しを見せています。
そこで今回は、MEOに対する話題をお届けしたいと思います。

MEO(Map Engine Optimization)とは、Google Mapに対する地図エンジン最適化。
店舗等への有効な集客対策であり、ほとんどが無料で実施できるコストパフォーマンスが高い施策です。

 

最近は若年層を中心に、検索のパターンが変わりつつあるといいます。
「Google検索」ではなく「Google Mapで検索する」。
「Google検索」だけれども、「ラーメン屋 + 東御市」など、地域名を加えた検索 など。

いずれもローカル検索と呼ばれるアプローチで、検索結果の画面には店の写真や地図、住所、評価(星5つが最高)、営業時間、口コミなどが書かれているケースもあります。

 

↓↓ こんな画面ですね。↓↓

 

 

画面左側に見えている店舗が、Mapで上位表示されているお店です。集客の観点からは、できれば自社・自店の情報が上位に入っていてほしいですよね。(Googleの検索結果画面では3位までが優先表示されるので、3位以内を目指したいものです)

このMapでの検索順位を上げる(Mapエンジンに最適化する)ための試みをMEO対策と呼んでおり、特に近年ではMEOを試みることがダイレクトに集客に繋がりやすいということで、注目されているわけです。

 

ではMEO対策ってどういうアプローチで行うべきなのか?
無料で対策できるってどういうこと?

実は、自社・自店を「Googleマイビジネス」に登録すれば、それだけで大きなMEO効果が得られます。Googleマイビジネス登録は、Googleのサイトから行うことができます。ハガキが届いてオーナー確認が取れたら登録完了ですが、詳細な営業時間などは入力する必要があります。

 

近い将来、Googleマイビジネスは有料化されるのではないか、という話も出ています。
それ以上に、こういった無料ツールは早めに導入することで先行者利益を得られる商材でもありますので、ぜひ積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

ビーズクリエイトでも、Googleマイビジネスの登録を始めとするMEO対策、さらには検索エンジン最適化であるSEO対策なども支援していますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください!

 

s.yamamoto

この記事を書いた人: s.yamamoto

駆け出しのWEBディレクターです。
令和入社ですが、バリバリの昭和世代(ロスジェネ)です。
生まれ育った東信地域の経済・産業に貢献できるよう日々精進しています。

あわせて読みたい