調査・分析・ウェブコンサルティング

>

「成果」が生まれるホームページには「設計」と「運営」がある

ホームページを含めたウェブマーケティングを行う上で
最も重要なのが「戦略設計」です

現状分析(自社分析)はもちろんですが、市場調査・競合調査を含めた「戦略設計」を行わなず、ホームページの作成に進んでいくと、必ず「伸び悩む」ときがやってきます。

市場と競合の視点が抜けているため「買ってください買ってください」のような押し売り全開のホームページになってしまっていませんか?

ビーズクリエイトでは、様々な専門調査の結果を総合的に加味して、それぞれの企業やサービスにマッチした「成果達成計画」を立案いたします。

こんなことができます。

  • 3C分析など、広く知られるさまざまなフレームワークを用いた、状況や課題の整理
  • ホームページの使い勝手テストや、ユーザーアンケートの実施
  • アクセス解析、キーワード分析などホームページを見に来る人やコンテンツの調査
  • 調査機関その他を活用した競合他社分析
  • 実行可能な課題解決提案

分析について

事業を取り巻く環境を広く調べあげ、本質的な課題をあぶり出します。
また、仮設の精度が上がるため現実的な解決策をご提案し、実行するこができます。

現状調査

 

アクセス解析だけでなく、貴社スタッフさまへの聞き取りや、既存ユーザーへのアンケートをおこなうなど、ホームページを取り巻く現状を確認します。
 商品やサービス自体に課題のある場合があるため、事業の実態について詳細にお伺いすることもあります。

無料の初期診断も実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。→ 詳しくはこちら

市場調査

業界全体の動向や、消費者全体のことなど、広く世の中の動きを掴むための調査です。

業界動向については市場規模が今後どのようになっていくのか、事業に影響を及ぼすような事象が起きないかなどについて貴社からも情報提供をお受けしながらまとめていきます。

消費者についてはインターネットのどこに人が集まっているのか、それぞれどんな嗜好なのかを調査し、貴社の事業と相性の良い新たなユーザーがどこにいるのかを探ります。
また、貴社のことを知らない消費者にホームページやショッピングサイトの使い勝手テストしてもらうユーザビリティテストを実施することも可能です

競合調査

ライバル企業の状態(主にウェブマーケティングの実施具合)を調べ、貴社の狙うべきポジションを検討します。

専用のSEO調査ツールなどで検索エンジン上での優劣を比較したり、競合のホームページのアクセス数などを調べることができます。
また、コストはかかりますが時には専門の調査機関に依頼しより深い調査を実施することもあります。

コンサルティング事例

基本的な流れ

  1. STEP 1ヒアリング・ディスカッション

    忌憚のない議論を交わせるよう配慮いたします。
    些細なお悩みから難題まで、ざっくばらんにお話ください。

  2. STEP 2調査・分析

    STEP1をうけ、必要な調査を行い情報をまとめます。

  3. STEP 3結果のご報告・ご提案

    分析資料をまとめ、今後の対策をご提案します。
    ご採択いただく内容に応じ、実作業フェーズに移行します。

主な調査内容

貴社ホームページのアクセス解析
訪問数、延べ訪問数、リピート訪問
SEO対策、検索順位などについて
どれくらい事業貢献しているか
マーケティングリサーチ
需要調査
行動心理
ユーザーテスト
貴社分析
運営体制、スキルの過不足チェック
計画のモニタリング
競合調査
他者のウェブマーケティング
競合ホームページとの比較
ポジショニングマップ作成

ホームページ初期診断

ホームページ無料診断 診断結果

ご送付いただいてから1〜2週間程度で、分析結果と改善案を作成。
ご訪問させていただき、丁寧にご説明させていただきます。

ホームページ無料診断の詳細を見る

成果がなかなか出ないが課題がつかめない・・・等
調査・分析に関する悩みについて問い合わせる

あなたのホームページについてお聞かせ下さい

わたしたちはマーケティング視点による情報収集力や思考力、提案力、実施力、継続力を持っています。あなたのホームページに関する質問に答えてご提示下さい。担当者が評価しフィードバックいたします。

  • お問い合わせ・ご相談
    お問い合わせ・ご相談