ホームページを無料で作成するときに抑えるべき5つのポイント

こんにちは。
このブログは、
長野県東御市のホームページ制作会社
ビーズクリエイトのスタッフブログです。
ビーズクリエイトでWEBコンサルタントをしている
カンバヤシと申します。

本日は、ホームページを無料で作ろうとお考えの皆様に、
ホームページを無料で作成するときに抑えるべき5つのポイントをご紹介します。
ぜひご参考にしていただき、
貴社ホームページ作成を成功させてくださいね。

(大事なところは太字にしています。そこだけ読んでもらってもOK)

結論

下記5点をきちんと抑えれば、

無料ホームページでも成果は出せるはずです!

  1. ホームページの目的を明確に
  2. ホームページのゴールを明確に
  3. ホームページの導線を考える
  4. お客様の疑問点を解決する
  5. ホームページへの集客を考える

 

1,ホームページの目的を明確に

一番、大切なことだと考えています。
どうしてホームページを作ろうとお考えになったのでしょうか?
「誰もが持っている時代だから」
「名刺代わりに」
こんな理由もあると思います。

「問い合わせを獲得したい」
「ホームページで販売したい」
「採用につなげたい」
おそらく、ホームページを作る背景には、
こんな具体的な、貴社ビジネスにおいての課題解決を
見込んでいるのでは無いでしょうか。

このような目的によって、
ホームページの内容は異なります。
まずは、目的を明確にしましょう。

 

2,ホームページのゴールを明確に

目的とゴール、似ているようで違います。
例えば、目的が
「ホームページから問い合わせを獲得する」
ことであれば、
ゴールは
「問い合わせフォームで問い合わせ完了」
となります。
具体的に、ホームページで問い合わせを獲得するためには
問い合わせフォームのような、
お客様とやりとりをするツールが必要です。
今では、ホームページ上でのチャットツール等も出てきており、
フォームよりも気軽な接点を持つことができるようになってきていますが、
運用の手間等考えると、
問い合わせフォームも未だに人気です。

これから作るホームページに、
「問い合わせフォーム」という必要要素が加わりました。

目的に合わせた、目的を実現するための要素がゴールです。

 

3,ホームページの導線を考える

さて、ホームページに問い合わせフォームが必要
だということがわかりました。
問い合わせをするためには、
お客様が問い合わせフォームに到達する
必要があります。

あなたのホームページを見たお客様が、
「問い合わせをしたい」と思った際に、
すぐに問い合わせフォームを見つけられることが重要です。

「問い合わせしたいのに、問い合わせフォームが見つけられない・・・もういいや」

こうなってしまったらもったいないですよね。

ホームページは複数のページの集まりです。
お客様にとってほしい行動(ゴール)を導くような、
ページ同士のつながりを意識した(導線の良い)
ホームページを作ってください。

 

4,お客様の疑問点を解決する

「本気で問い合わせをしたい!」と思っている人は、
実はほっておいても、問い合わせをしてきます。
大切なことは、
「問い合わせをしようかどうか迷っている人を、
問い合わせをする気にさせること」です。

あなたがなにかのホームページで問い合わせをするときに、
どんなことを思うでしょうか?

例えば、
・予算感はどのくらいなんだろう、、
・スケジュールはどのくらいなんだろう、、
・そもそもの仕様は自分が欲しているものと合っているのだろうか、、

上記のようなことを問い合わせすればよいのですが、
それができる人とできない人がいます。
それができない人は、
ある程度自分の中で疑問を解決して、
ある程度「問い合わせしても大丈夫だ」と確認した上で
初めて問い合わせができるのです。

ですから、あなたの企業の、
あなたのサービスへ問い合わせをする人が
抱えているであろう疑問点は
ホームページの中に予め列挙しておくことが有効です。
よくある、Q&Aコンテンツはまさしくそれですよね。

 

5,ホームページへの集客を考える

さて、
課題も解決し、
導線もよく、
問い合わせができる環境が揃いました。

しかし、最も重要なことは、
「お客様があなたの会社のホームページを見ること」です。

どんなに素晴らしいホームページであっても、
誰も見ていなければ意味がありません。

いや、意味がないどころか、
誰も見ていないホームページにも維持コスト(お金・時間)がありますので有害です。

また、これからあなたが一生懸命に
無料ツールでホームページを作る時間も無駄になってしまいます。

もし仮に、あなたがこれから起業される起業家であれば、
この時間で営業活動をする、
またはきちんと事業計画を作るほうが良いのではないでしょうか?

想像してみてください。
インターネットが当たり前の世界になりました。
日本中が商圏です。
つまり、日本中の企業がインターネット上にお店を掲げ、戦っている時代なのです。
そこに、ぽっと1件の企業が追加されたところで、
誰が気がつくでしょうか?

もちろん、
企業のビジネスモデル、
サービス内容、
需要と供給のバランスによっては
多くの方に見られるホームページになるでしょう。

しかし、それは稀なケースで、
多くの場合はホームページは作ったけれど、
ほとんど見られないということになります。

ですから、上記1〜4のホームページの中での戦略は抑えつつ、
必ず「どうやってホームページを見てもらうか」
を考えてください。

SNSでシェアする、
インターネット広告を使う、
紹介サイトに登録する、
コンテンツを増やしSEOでヒットさせる・・・

そういった際にもやはり非常に有効なのは、
ビジネスモデルをニッチにとんがらせることだと
私個人は考えています。(ここからはホームページというよりも、経営のお話)

必ず、ニッチな市場でとんがっていれば、
あなたのサイトを探し出す人は現れます。
そして、あなたの会社のサービスを享受し、
満足し、きっと口コミで広めてくれるはずです。
SNSでシェアする際にも
ニッチでとんがっている方が、
イイねは集まるでしょう。
リツイートもされるはずです。

 

まとめ

少し脱線してしまいましたが、
以上の5つのポイントを抑えて、ホームページの作成をしてみてください。

正直、今の時代無料のツールも非常に充実しており、
上記のようなことを考えて計画的に作成すれば、
成果が出るホームページは作れてしまうと思います。

再度、まとめると

  • 目的を持って
  • 目的を体現できるゴールを設定し、
  • ゴールにたどり着きやすいページ構成を考え、
  • お客様が疑問に感じていることはできるだけ事前に解消し、
  • 集客の戦略も含めてホームページ制作だと考える

ということになります。

 

ぜひあなたの会社のホームページ制作(ビジネスの課題解決)が成功することを祈っています。

カンバヤシ

この記事を書いた人: カンバヤシ

ビーズクリエイトの事業活動に財務的知見をミックスします。
一緒に成果を喜べる企業様が増えてきて嬉しい今日このごろ。

あわせて読みたい