Q.低コストでHPを作るにはどうしたら良いの?

休日のランチを楽しむためにインターネットで調べる。
こんな行動は今やすっかり定着して、誰しも当たり前のように行っていると思います。
かくいう私も、妻と食事どころを探すとき、必ずネットで情報を集めます。
今の時代、飲食店を経営されている方々にとって、インターネットの活用は必須であることは、もはや周知の事実であるかと思います。

しかし、中々インターネットを活用しきれていない、そんな悩みを抱えている経営者の方々も多いと思います。
一番の問題は「コスト」。ここに尽きるのかと思いました。

そのために、

お客さんの行動をシミュレーション

一例に過ぎませんが、どんな形でお客さんが来店するか、シミュレーションしました。

  ①おいしい◯◯(イタリアン、和食、スイーツなど)が食べたい
  ②情報誌や、グルメサイトで検索
     ⇒食べログ
     ⇒長野県内ならkomachiや、motecoなどのフリーペーパー
  ③お店の情報を見かける
  ④いいね!
  ⑤もっと詳しく知りたい⇒ネットで店舗名を検索
  ⑥ここでウェブサイトの出番!
   ⇒すでにいいね!と思っているけれど、やっぱりすごくよい!行ってみたい!
    ⇒このマインドを引き出すためののもの

ウェブサイトが効果を発揮するまでには、そこに至るまでの①〜⑤が必要です
これを疎かにしてウェブサイトだけ作っても、だれも見てくれない、お金をかけたのに意味が無い!ということになってしまいます。
また、実は④の時点で結構実店舗へ集客できてしまうことも、、、。
そのため、 特にスタートアップの飲食店にとって、ホームページはそれほど重要度が高くないかもしれません。
スタートアップでは、ホームページよりも①〜⑤を確保することに集中すべきです。

そのうえで、①〜⑤を踏まえたユーザーに対するウェブサイトの役割は?

情報誌や、グルメサイトに掲載しきれていない情報を提供することだと思います。

  • お知らせや、最新の情報、クーポンなどのおトク情報を更新できる仕組み(CMS導入)
  • 一番おいしそうに見える画像や、キャッチコピー、お店のコンセプトを盛り込んだコンテツ
  • 最低限、お店の名前で検索に引っかかるSEO的構造

とりあえず、これだけあれば「行ってみたい!」を引き出せるのかと思います。
しかし、それを踏まえたホームページ制作を一から制作会社に依頼すると、おそらく数十万円のお見積もりを提示されることになります。

そんなにお金をかけられない!

前置きが長くなってしまいましたが、「HPにそんなにお金がかけられない!」
そんな方のために、今の世の中には便利なもので「デザインテンプレート」というものがあります。
テキストや画像などの情報を入れるだけで簡単にホームページができてしまうという優れものです。
そのような「デザインテンプレート」を提供しているウェブサービスが存在するのです!
これらのウェブサービスを活用することで制作コストを限りなく抑えることが可能です。
全て自分でつくれば外注費用はゼロ円に!
しかし、ここで注意して欲しいことがあります。

作るためにはやっぱり「時間」が必要

外注費用はゼロ円になりますが、自分でつくるための「時間」が必要になるということです。
簡単に作れるという触れ込みとなっているものの、実際に作業をしようとするとそれなりの手間がかかります。
制作のプロが作業しても一定の時間はかかってしまいます。
なにも予備知識が無い状態で作り始めると、気がついたら一ヶ月かかっていたなんてことや、がんばって形になったものの、なんか違う、、、という結果になりかねません。

「時は金なり」とはよくいったもので、特に経営される方にとって、時間は特に貴重なものであると思います。
最悪なのは、途中で投げ出してしまうことです。かけた時間が全て無駄になってしまいます。

作っただけではHPに人が来ない

さらによくあるのは、HPを「作る」ことがゴールとなってしまい、その後の運用まで手が回らず力尽きてしまうことです。
「HPは24時間働いてくれる営業マン」なんて言葉もありますが、ちょっとまってください。
その営業は正しい営業でしょうか?
間違った営業を24時間続けていても、結局のところ人を集めることができず、意味の無いHPとなってしまうこともあります。
HPに「正しい営業」をしてもらうためには、HPの運用が必要となります。

低コストのHP制作と、運用がセットになった「月額HPリニューアルサービス」をおすすめします

ビーズクリエイトでは、高クオリティのデザインテンプレートを活用し、短納期、低コストでHPを作成またはリニューアルする「月額HPリニューアルサービス」を提供しています。
このサービスのおすすめしたいポイントは、

①月額制のため、リニューアルのためにまとめて大きな予算を捻出しなくて済む
②サイトへの集客を見越した文章や写真撮影を行い、サイトのクオリティをさらに高めることができる
③サイト公開後の運用サポートを行い、アクセスデータを加味したPDCAを回すことができる

という点です。
詳しくは↓のURLをご覧いただければ幸いです!
https://www.bscre8.com/monthly_renewal/

最後に、HPはあくまで目的を達成するためのツール(手段)のひとつです。
ツールは使ってこそ価値があるもの。ぜひHPを使いこなすためのお手伝いをさせてください。

野尻

この記事を書いた人: 野尻

ビーズクリエイト Webに関する色々を担当しています。

あわせて読みたい