「macOSはアプリケーションを実行するためにライブラリを修復する必要があります」と表示されてキーボード入力できないときの対処法

こんにちは、ビーズクリエイトの野尻です。
私が入社して早6年。掘っ立て小屋こじんまりした事務所から始まったビーズクリエイトも、今や2回目の事務所移転を迎えようとしています。
社内にもメンバーが増えてきた関係で、私がこれまで使っていたMacBookProを別のメンバーにお渡しし、ピカピカの新品Macを支給いただくことになりました!
Macには「移行アシスタント」という便利な機能がついていて、それを活用すると古いPCから新しいPCに簡単にデータ移設できるのですが、今回は移行アシスタントを活用したデータ移設でちょっと手間取ってしまいましたので、備忘録を残したいと思います。

トラブルの内容:キーボード入力ができない!

Apple Thunderboltケーブルをつかって、マシン同士を有線接続し、データを移設しました。
データの移設については色々な方がブログ記事にしてくれているので、ここでは割愛します。
移行アシスタントでデータの移設が終わり、意気揚々と起動し、ログイン!

ここまではよかったのですが、ログイン後の画面で「macOSはアプリケーションを実行するためにライブラリを修復する必要があります」というアラートが表示されます。
同時にユーザー名とパスワードを入力するウィンドウが出てくるのですが、

キーボードが全く反応しない

マシン自体のキーボードの他に、外付けのキーボードや、音声入力なんかも試してみましたが、全くもって反応しませんでした。
ログイン時には、キチンと入力ができるので、キーボードの不具合ではなさそうです。

ググってみたところ、同じような現象でお困りの方がおりました。

macbookの入力不具合について
https://discussionsjapan.apple.com/thread/110210659

一軒の解答がついており、macOS ユーザアカウントのパスワードを変更またはリセットすると良いと記載されているのですが、そもそもキーボード入力ができないので、パスワードリセットするためのパスワードも入力できない始末、、、
場合によりけりだと思うのですが、私の場合は解決できませんでした。

新しいMacをクリーンインストール後、移設元の古いMacのOSを最新に変えたり、ユーザー名とパスワードを同じにしたり、色々やってみたのですが、ダメでした。
データの移設自体に時間がかかるので、何度も試すのに時間がかかること、、、、大変でした。。

解決方法:新しいMacをクリーンインストールした最初の起動時のユーザー作成時に、移行アシスタントを使う!

新しいMac起動直後(クリーンインストール直後)の初期設定を進めていくと、「移行アシスタント」の画面が出てきます。
このタイミングで「移行アシスタント」を使うことが重要!

私の場合、これで解決されました!
もしかしたら、原因はこれじゃないかもしれませんが、、、失敗したときは、新しいMacの初期設定のとき、「移行アシスタント」を「スキップ」してユーザーを作成した後、ユーティリティから起動した「移行アシスタント」を使って移行していたような気がします。

なんとなくですが、どうやら新しいMacで一度ユーザー名を古いものと同一にして作成すると、移行アシスタントを使った際に古いMacのユーザ名が別名(よくファイルをコピーしたときに〇〇のコピー.jpgとかになるやつ)になってしまうことが原因な気がしています。
そのため「ライブラリを修復する必要があります」ということかと。。

何にせよ、新しいMacが使えるようになって良かったです!

当社では、新入社員に一人一台Macbookが支給されます!

当社、もしかしたら、日本一Mac使用台数が多い農機具販売店かもしれませんね。
ご興味がありましたらリクルートサイトを御覧ください!
https://www.bscre8.com/recruit/

野尻

この記事を書いた人: 野尻

ビーズクリエイト Webに関する色々を担当しています。

あわせて読みたい