お金をかけずに求人応募数を増やす〜実践編〜

こんにちは。ビーズクリエイト の松本です。

前回のブログでは、求人応募数のロジックについてお話させていただきました!

ポイントはより多くの人に、会社の情報を発信する(見てもらう)ことです。

今日は、より多くの人に会社の情報を発信できるツールをご紹介します。

 

国内No.1採用支援ツールengage

engageは、エンジャパン株式会社が提供するサービスのひとつで、

無料で採用サイトを作ることができ、作成した求人情報をindeedなどの求人検索サイトに自動掲載もできます。

ビーズクリエイト運営母体の唐沢農機サービスもengageで採用サイトを作成しています。

唐沢農機サービスengageサイトはこちら

なぜengageなのか

①無料で採用サイトを持つことができ、かつ求人検索サイトへ自動掲載してくれる

なんといっても自社の採用サイトが無料で作れるというのが一番の魅力です。

求人情報のみを無料で掲載できるサービスは他にもありますが、

代表メッセージや福利厚生など求人票には載せきれない情報もしっかり載せることができます。

さまざまなデザインが用意されているので、工夫次第でどんな内容でも掲載可能です。

また、無料サービスだと低コスト低クオリティになりがちですが、

engageはサイト制作初心者でも簡単におしゃれなサイトに仕上げることができます。

IndeedGoogleしごと検索にも対応しているので、

engageで求人票を作成しておけば一定量の仕事を探している人に求人情報を届けることができます。

実際にengageで制作したサイトはこちら

engageで採用サイトを作ってみたい!方はこちら

②気になる求職者へアプローチも可能。スカウト機能!

エン転職に登録している求職者を地域や職種で検索し、週に10通までスカウトを送ることができます。

③ちょっと手を掛けるだけでもそれなりのサイトができる!手をかけようと思えば作り込むこともできる!

engageには内容に沿ったテンプレートがいくつか用意されています。

前述のとおり、このようなさまざまなテンプレがあるので、

事業内容や福利厚生など最低限いれるだけでも良いですし、

用意されているテンプレは自由に編集ができるので、オリジナルのコンテンツなどで作りこむこともできます!

まずは無料で求人掲載してみましょう!

 

ただ、そうは言っても掲載文章や画像の用意が…という方は、

ビーズクリエイトがお手伝いいたしますのでお気軽にご相談ください。

松本

この記事を書いた人: 松本

ウェブディレクター1年目(25)です。

仕事が楽しくて仕方がない時期です。

あわせて読みたい