WEBコンサルタントのお気に入りのアクセス解析の方法その①〜GoogleAnalyticsでページ別のユーザー数の推移を調べる〜

こんにちは。ビーズクリエイトのカンバヤシです。

当社ではクライアント様のホームページで成果(お問い合わせや販売、求人エントリー等)を増やすために、アクセス解析を行っています。

私は初期診断を担当することが多いのですが、その際によく活用するGoogleAnalyticsの使い方について、お話ししたいと思います。

 

 

 

課題

「成果までのユーザーの動き(遷移)と離脱状況を把握したい!」

 

どんなときにそれを考えるか

例えば、

①トップページ ⇒ ②お問い合わせフォーム ⇒ ③お問い合わせ完了ページ

のように、成果(お問い合わせ完了)まで3ステップを踏む場合、成果を増やすためにできることはいくつかあります。

 

・トップページへの訪問数を増やす

・トップページからお問い合わせフォームまでの遷移率を上げる

・お問い合わせフォームに訪問した人のうち、問い合わせ完了する確率を上げる

 

上記のようなことが考えられます。

それぞれを改善する施策を全て実施することが理想的ですが、人的・資金的なリソースも限られているため、優先順位の高いものから実施していくことが現実的だと思います。

 

その優先順位付けをする際に、はじめにやることとして、私はそれぞれのページ別の「ユーザー数」の把握を行います。

 

なぜ「ユーザー数か」

 

アクセス数(セッション数)やページビュー数(閲覧数)ではなく、なぜ「ユーザー数」かと言うと、1人につき、お問い合わせは1回しか無いような商材(お問い合わせや求人エントリー等)については、閲覧ページ数を増やすことはもちろん大切ですが、各ページを見てもらえる実訪問人数を増やすことが、お問い合わせを増やすことに繋がるからです。

 

アクセス解析の具体例

 

例えば、①〜③のページの訪問数ユーザー数が以下の状態だった場合

 

①トップページ 10,000人/月

②お問い合わせフォーム 300人/月

③お問い合わせ完了ページ 3人/月

 

これだけでは正直よくわからないのですが、続いて、①⇒②、②⇒③の遷移率をみてましょう。

 

①⇒② 300/10,000 ⇒ 3%

②⇒③ 3/300 ⇒ 1%

 

これをすることで、どこにウィークポイントがあるのか、わかります。

 

ウィークポイントの分析

 

①⇒② の遷移率は3%。トップページを見たユーザーのうち3%はお問い合わせフォームを見たことになります。

これは、ホームページによって遷移率が異なりますので、一概に多い少ないとは言えないと思いますが、

私の経験値からすると3%という数値は決して低い数字では無いと思っています。

ホームページに訪問するユーザーの目的は多種多様で、100人中3人が、こちらが取って欲しい行動(お問い合わせフォームへの遷移)をしてくれるなら、良いくらいだと思います。(4〜5%くらいまでは頑張れるかもしれません)

 

続いて、②⇒③ の遷移率は1%。お問い合わせフォームに100人きても1人しか問い合わせをしなかった計算になります。

これも、ホームページや、お問い合わせの商材によりけりですが、1%はかなり低い数値だと考えています。

私の感覚では15〜20%程度は目指しても良いかなと考えており、ここは何かしらの問題があるのではないか、と想像できます。

 

おそらく、お問い合わせフォームに改善の余地があるはずです。

 

このように、ページ別のユーザーの訪問数と遷移率を整理することで、数値的にどこにウィークポイントがあるのかを推定することができます。

 

前置きが長くなりましたが、私はこのようにユーザー数を活用しており、GoogleAnalyticsでそれを確認する方法の一つをご紹介いたします。

 

Analyticsでのページ別ユーザー数の確認方法

Analyticsでページ別の閲覧状況を確認する場合、Analyticsのメニューの「行動」の中の「サイトコンテンツ⇒すべてのページ」で見られる方が多いのではないでしょうか。

ただ、この画面ですと、ページビュー数やページ別訪問数は確認できますが、ページを見たユーザー数は確認できません。

ページビュー数をもって、先程のページ別の閲覧数と遷移率を出してもよいのですが、問い合わせ等の1人1アクションの場合には、ユーザー数での確認が有効です。

 

ページ別でユーザー数を把握するには「カスタムレポート」を活用することをおすすめします。

 

メニューの「カスタム」⇒「カスタムレポート」をクリックします。

 

「+新しいカスタムレポート」をクリック。

 

レポート作成画面が表示されますので、「タイトル」「レポートタブの名前」「指標」「ディメンション」を任意のものに変更します。

 

例えばですが、私がよくやる設定です。指標には「ユーザー」はもちろん、セッションやページビュー数、閲覧開始数も入れます。ユーザーと合わせて、閲覧開始数を入れることで、ランディングが多いページ(集客力があるページ)なのか、サイト内回遊で閲覧されているページなのかもわかるため、改善のヒント(見てほしいページなのに集客力もない場合、導線改善をしてサイト内回遊を増やす等)も得ることができます。

 

そうすると、このようなレポートが作成でき、ページ別のユーザー数が確認できるようになりました。

 

作成後は、上記のようにカスタムレポートの中に作成したレポートが表示されますので、いつでもユーザー数の確認ができます。

 

 

GoogleAnalyticsはとても便利なツールで、もともとたくさんのレポートが備わっていますが、ホームページの内容や分析したい方向性によっては、カスタムレポートを活用してオリジナルのレポートを作成してあげると分析の幅が広がると思います。是非試してみてください!

 

当社では、ホームページで成果を出すための分析とご提案を、無料診断という形で実施しています。

ご興味ある方はぜひお問い合わせください。

>>ホームページ無料診断はこちら

カンバヤシ

この記事を書いた人: カンバヤシ

ビーズクリエイトの事業活動に財務的知見をミックスします。
一緒に成果を喜べる企業様が増えてきて嬉しい今日このごろ。

あわせて読みたい