ビーズクリエイトで社会人スタート!!

みなさんはじめまして。

7ヶ月のインターン期間を経て、4月にビーズクリエイトのエンジニアとして入社した土屋と申します。

今回からビーズクリエイトのブログに参加させていただきます。

ビーズクリエイトとの出会い

ビーズクリエイトとの出会いは専門学校2年生の時の就職活動の時でした。

専門学校では2年間システム、ネットワークの勉強をしていましたが、

卒業したら「農業をやろう!!」と思っていました。(なんのために学校に行ったんだ、、)

そんな時!一枚のバナーが僕の目に飛び込んできました。

それが、ビーズクリエイトも運営元である「唐沢農機」だったんです。

気になって調べてみると下記のような動画にたどり着きました。

 
この動画を見た僕は、「この会社かっこいい!」と思い、すぐさま唐沢農機にメールを送りました。

そのあと、なんとか面接に漕ぎ着けた僕はなんだかんだで唐沢農機のインターンシップに参加することになりました。

インターンシップの感想

インターンシップ中は19歳(当時は)の学生にとって、ものすごく刺激的でした。

今でも覚えているのは、インターン3日目で「土屋君、飯食い行こうよ!」と誘われたことです。

インターン3日目でご飯に誘ってくれることにも驚きましたが、何より驚いたのはその後です。

大抵、居酒屋に行くとそこら中から、会社の悪口や社会への不満が聞こえてきますが、

その時社長は社会への不満を語るでもなく、

社員への不満を語るでもなく、未来の目標を延々と語っていました。

「ノウキナビはいずれ世界を変えるんだ!」とか、

「10年後にはこの会社はIPO(株式上場)して売上は100億ぐらいあるんだ!」とか、

僕の2倍の年齢の社長が子供のように目標を話していました。

それを聞いた僕は「この社長のもとで、この会社で働きたい!」と思い、今に至ります。

僕はインターンシップの期間を含めてまだ11ヶ月しかこの会社にいませんが、

唐沢農機のEC事業である「タガヤス」を任されていますし、社内のエンジニア業務、

クライアントのシステム構築など、普通の会社では新卒には任せることができないような仕事・経験をたくさんしています。

この会社では年齢に関係なく大きな仕事を任せてもらうことができます。

唐沢農機の動画をみて少しでも「カッコイイ!」と思った方、ぜひ応募してみてください!

ちょっと話を聞いてみたいなという方へ、

動画に出演している代表が自らあなたの質問にお答えする会社説明会も行なっております。

会社説明会のお申し込みはこちら

 

takaya Tsuchiya

この記事を書いた人: takaya Tsuchiya

あわせて読みたい