依頼者と制作者のギャップ

こんにちは、ディレクターの寺島です。
ビーズクリエイトではWEBに関しての様々な案件を担当しており、WEBサイト制作に関しては多くの比率を占めています。
今回はそんなWEBサイト制作についてのお客様と当社で話題に挙がりやすいギャップを紹介。

何故こんな話をするのかというと、お客様と私達のWEBサイト制作についての認識には、思っていた以上にギャップがあるからです。
こういった話は実際に受注してからお客様が初めて知るケースが多いため、「WEBサイト制作ってそういうものか」ということを事前に少しでも知ってもらえればと思い、今回のテーマにしました。
ちょっとボリュームが多くなりそうだったので今回は前後編です。

まずWEBサイト制作ですが、おおまかには以下のような流れが基本です。

1.課題の確認・共有

まずは伺ったお話から出た課題をお互いに確認・共有します。
課題を理解させていただくことで、それに合った提案をさせていただきます。

例えば課題が「売上に悩んでいる」ということであれば、WEBサイトの立ち上げ・見直しで会社や商品の周知とブランディング、「求人が少ない」という課題であれば、求人用のツールを導入するなどが考えられます。
WEBサイトを持っていないこと自体も課題になります。
SNSの台頭があってもネットは情報収集の手段としては圧倒的なシェアがあり、ネットという媒体は意味なく無視していいものではありません。

今後の動き方にも関わるため、課題については最初にしっかりと共有させてもらいます。

2.提案

共有した課題を元に解決に導くための手段を提案します。
ネットでの最も基本で強力な宣伝場所は自社のWEBサイトを持つことですので、WEBサイトを持っていない場合は基本的にWEBサイトを立ち上げることをお勧めします(いただいたお話内容にもよります)。
既にWEBサイトをお持ちの方でも、リニューアルで課題が解決する場合はリニューアルをご提案します。
目的達成にはデザインも関わるので、合わせて提案させていただいております。

ただ私達は必ずしもWEBサイトの制作だけで解決しようとは考えておらず、WEBサイト以外の手法の方が効果が高そうであれば、私達はそちらを提案させていただくこともあります。
(ネット広告や当社コンサルティング、SNSの利用など)

3.仕様決め(サイトマップ等)

課題とそれを解決する為の提案で方針が決まったら、今度は解決する手段を構想します。

課題:求人応募を増やしたい。
→提案:求人応募を増やす方法としてWEBサイトの見直しを提案。
 →仕様決め:WEBサイトから申し込んでもらえる仕組みを考える。

求人の増加を一例にした場合、上記のような考え方ができます。
この流れが分かっていれば、「どうやって効果的に応募画面へ誘導するか」と考えられます。
サイトマップとはWEBサイトの全ページを網羅した地図のようなもので、応募画面の位置を決めてそこまでの道筋をどこに作るかなどを視覚的に決めるのに役立ちます。
このようにWEBサイトを作る前にやるべきことを明確にしておくことで、課題を解決できる様々な案をここまでの段階で実行できそうな手法に決めていきます。

4.環境構築(サーバ、CMS)

ここまでの工程でいわばWEBサイトの設計図ができました。
ここからはWEBサイトを設計図通りに作っていくための土台作りです。
サーバやCMSなど見慣れない言葉が目に付きますが、ここに話を割くと方向性がぶれるのであえて省略します。
どちらせよ、WEBサイトという家を作る為の土台作りであることは間違いありません。

5.WEBサイト制作

ここから実際に制作に入ります。
案件によってはこれより前に撮影や取材が入ったりする場合もあり、お客様との調整も必要ですので、ここまでたどり着くのに大体半月〜2ヶ月くらい掛かります。
標準的なボリュームのWEBサイトだと制作は大体1ヶ月前後が目安ですが、お客様によって悩みも解決する手段も変わるので、本当に目安程度です。

6.検収(社内・社外)

WEBサイトの制作が完了したらまず社内でチェックし、課題解決の手法になっているか、クオリティが十分かをしっかり確認します。
その後、お客様にもご確認をお願いしております。
WEBサイトは人の目に触れるものですので、一般へサイトを公開する前に内々での確認を行うことは重要と私達は考えています。

7.公開

そうして双方の確認が完了して問題がなければ、WEBサイトを一般に向けて公開します。
後編で触れますが、基本的には数日から2週間以内にWEBサイトは見れるようになりますが、検索サイトから訪問できるようになるのはもう少し掛かる場合があります。

案件によって工程が更に細かくなったりもしますが、基本的にはこのような流れです。
ここからお客様と私達の間でどんなギャップが生まれるか……は次回につづく。

ビーズクリエイト(株式会社唐沢農機サービス インターネット事業部)
〒389-0502 長野県東御市鞍掛846-1 TEL:0268-71-0090

>>制作実績はこちら

寺島

この記事を書いた人: 寺島

ビーズクリエイトで主にディレクション・コンサルティング・分析等を担当しています。

あわせて読みたい