デスクワーカーの健康と効率向上

全国のデスクワーカーの皆様、身体のお加減はいかがでしょうか。私はそうでもありません。
自身も同じデスクワークばかりしている人間として、今回はデスクワーカー向けのちょっとした健康と効率アップに繋がりそうな話を。

デスクワーカーは短命?

数年前に1日1時間座れば寿命が22分縮むなんて話がありました。
データ自体の信憑性はともかく、デスクワークは同じ姿勢で仕事をしていることは事実なので、それが身体に良くないことは皆、察していると思います。
著名なところを引用するとエコノミークラス症候群という実例もあります。
同じ姿勢でいることで血流が滞って、鬱血→血栓→突然死のコンボ。おぉ怖い。

馬鹿にできないストレッチ

原因は分かりきっているので対処は簡単、1時間に1回は姿勢を変えましょう。
理想を言えば全身を動かすラジオ体操でしょうけど、BGMもないのにオフィスでピョンピョン1人で跳ねたら別件で病院に行くことになりそうなので、出来る人だけでいいです。

手軽なところでは座ったまま定期的に足を伸ばしたり、水を飲みに行くなど小さい目的を作ってこまめに席を立つことです。
下半身もですが、上半身のストレッチも効果的。
背中を反ったり、肩周りを動かすと血流が改善されて脳への血液量がアップします。ストレッチしたら立ちくらみがする? 血液がドバっと流れている証拠。
また副産物として、脊髄には自律神経が束になっているので、背中周りのストレッチをすると交感神経が優位になって眠気も解消されます。
一時的でも眠気が消えれば仕事の効率が上がるのは誰でも実感があると思います。

コーヒーナップで午後の能率アップ

そうは言っても昼食後の午後は眠くなる……
でもそれ、人間の生理的に正しいことだと分かっています。
満腹になって胃に血が集まって脳に血がいかないから、というのは俗説で、一般的に朝6時に起きている人は午後の2時前後に眠くなる「アフタヌーンディップ」という生理現象のせいです。
これは睡眠が足りていても眠くなる、どうしようもない人間の仕様です。仕様ならあきらめましょう。

でもこれにも解決方法はあります。昼寝をするのです。
一度でも会社で昼寝をした人は実感があると思いますが、結構頭がすっきりした状態で集中して午後の仕事に臨めます。
ここにコーヒーを絡めたのが『コーヒーナップ』です。
コーヒー等に含まれるカフェインには覚醒作用があるのは有名で、コーヒーで摂取した場合にカフェインが効き始めるのは大体数分〜30分と言われています。
コーヒーナップとは昼食を済まし、コーヒーを飲んでから20〜30分仮眠するだけです。
睡眠は最初の90分が最も深く、仮眠で寝すぎると夜に眠れなくなってしまいます。
先にコーヒーを飲んでから仮眠を取ることで、カフェインが効き始める頃に仮眠から起きて、すぐ仕事に切り替えられます。
コーヒーが飲めない? その場合は玉露がおすすめ。

睡眠は最強(直球)

ここまで書いてなんですが、これらは全部仕事中にできる対症療法です。
根本は普段から健康を意識して、実際に動かないといけないんですが、私にもできてません。
でも手間もコストも掛けずにできる素晴らしい健康法があります。

 寝
 ろ
   。

これに尽きます。いやほんと。
睡眠が十分に取れていれば、起床からの切り替えは素早くなり午前中の眠気はありません(午前眠い人はそもそも睡眠不足)。
それに加えて一日の集中力の維持と合わせて注意不足によるミスを減らせます。
就業中のパフォーマンスを上げた方がプライベートの余裕も生まれると思います。集中できない8時間を過ごして明日に仕事を持ち越すより、集中できる8時間をこなして仕事を持ち越さない方が精神衛生上にもよろしいかと。

巷では5時間以下の睡眠でも1日起きていられるから自分はショートスリーパー!という幻想もありますが、そもそもショートスリーパーは遺伝子変容で発生しているので、ネットで言われているような『人工に対して5%存在する』よりも遥かに少ないと思われます。これに自分が当てはまると思い込むのはちょっと危険かなぁと。
更に幻想を壊すようで申し訳ないですが、意識的にショートスリーパーにもなれません。遺伝子変容の結果なので……
アメコミばりになんかの実験装置に巻き込まれれば可能性はありますが、成功したら素直にヒーローして下さい。

#ベッドに入ってから10分以内に入眠できる
#午前中にあくびや眠気がある

睡眠はすごく個人差があるので絶対の指標は存在しませんが、上記に該当していれば睡眠不足の可能性は高いと言われています。
適切な睡眠時間も一般では7時間と言われてますが、これも絶対の数値ではないので、まずはいつもより1時間多く眠って次の日の調子を見てはいかがでしょうか。
おまけに最近では睡眠負債という概念もありますしね……これまで書くと長くなりすぎるのでさすがに割愛。

ビーズクリエイト(株式会社唐沢農機サービス インターネット事業部)
〒389-0502 長野県東御市鞍掛846-1 TEL:0268-71-0090

>>制作実績はこちら

ito

この記事を書いた人: ito

ビーズクリエイトで主にディレクション・コンサルティング・分析等を担当しています。

あわせて読みたい