Googleマイビジネスの活用方法 その1

こんにちは、ビーズクリエイトのHARAです。
新型コロナウィルスの感染ピークがひと段落したことで緊急事態宣言が解除されましたが、感染の第二波に備えまだまだ気が休まらないですね。
もう少しの辛抱というところでしょうか。

さて、前回は実店舗のオーナー様へ無料で活用してもらうべく、 Googleマイビジネスというサービスを紹介しましたところ、興味をお持ちのオーナー様から多数のお問い合わせをいただきました。
Googleマップは日本で一番多く見られている地図アプリでもあるので、店舗情報を「無料」で掲載できるため、活用しない方が勿体無いです。
今回は、Googleマイビジネスにオーナー登録した後、具体的に何ができるのかお伝えしたいと思いますので最後までお付き合いいただければと思います。

Googleマイビジネスで集客に成功するは?

GoogleやGoogleマップを使って検索するユーザーの心理を踏まえた場合、店舗名や企業名の固有キーワードで検索するユーザーは、すでにその店舗・企業を知っているユーザーであると推測できます。
新規顧客を増やしたいと考える場合、「業種名」もしくは「業種名+地域名」で検索するユーザーが固定客や馴染み客ではなく「新規顧客」に該当するのではないでしょうか。
その新規顧客が検索した結果、
①一目で店舗情報が表示されること
②店舗情報が多く、評価も良好なこと
で行ってみたい店舗として選ばれることが期待できます。

逆に言うと、検索結果で、
・一目で店舗情報が表示されない
・店舗情報が少なく、評価がない、もしくは評価が低い
ということだと、選ばれなくなってしまいます。

店舗情報を検索結果の上位に表示させるには?

それは、Googleのアルゴリズムに基づき、店舗の正確な情報を必要十分に入力しておくことで、Googleで検索された時に店舗情報が上位に表示されやすくなるということになります。
従い、店舗情報はたくさんのカテゴリーから成り立っていますが、できる限り実態に沿った情報を細かく入力することをオススメします。
(店舗情報はオーナー登録後でも編集は可能ですので慌てずじっくり入力しましょう。)
1.店舗名/業種/属性>
・お支払い:NFC モバイル決済、クレジットカード、デビットカード可、小切手可、現金のみ
・サービス:アルコール、カクテル、キッズメニューがあるお店、クラフトビールが飲めるお店、クローク、
      グルテンフリーメニュー、コーシャ認定料理、コーヒー、コーヒーだけの注文可、
      サラダバーありのお店、サービスタイムあり、シードル、デイスティングメニューがあるお店、
      ドリンクのサービスタイムあり、ハラール食、ハードリカーあり、ビール、
      ベジタリアンメニュー、ホットティー、ワイン、地元の食材を使っている、
      小皿料理、日本酒、有機食材を取り扱っているお店、深夜の食事が可能なお店、
      点字メニュー、辛い料理があるお店、食べ放題、食事のサービスタイムあり、
      飲み物だけの注文可
・バリアフリー:車椅子対応のエレベーターあり、車椅子対応のトイレ、車椅子対応の入り口あり、
        車椅子対応の座席、車椅子対応の駐車場あり
・プラン:LGBTQ ブレンドリー、トランスジェンダー対応、予約可、要予約のお店
・客層:LGBTに人気のホテル、家族向き
・特徴:スポーツ、テラス席がある、女性経営者、屋上の席あり、暖炉がある、生演奏あり、飲み放題
・設備:Wi-Fi、トイレありのお店、バー併設、子ども用の椅子がある、子供向き、男女共用のトイレがある、
    補助椅子がある
・食事:ケータリングを行っているお店、テイクアウトOK、テーブルサービス、ディナー、
    デザートがあるお店、ブランチ、ランチ、事前注文が可能なお店、宅配可能、
    座席があるお店、朝食
2.所在地/サービス提供エリア
3.営業日/営業時間(特別営業時間)
4.問い合わせ先(電話番号/URL)
5.サービスメニュー
・セクション名:大きな括りでのサービスの分類、140文字まで入力可。
・アイテム名:セクションに入る各サービス項目、140文字まで入力可。アイテムの価格は入力しなくてもOK。
・アイテム説明:「アイテム名」で入力したアイテムの詳細説明、1,000文字まで入力可。
        なお、アイテム説明にホームページURLを記載してもリンクは張れません。
6.ビジネス情報
・ビジネス情報は商売全般的にPRできるところなので、検索されるであろうキーワードを意識して紹介文を入力
 しましょう。

上記がしっかり入力できたところで、実際に登録した情報を店舗ページで確認してみましょう。Googleマイビジネスの管理画面右側にある「お客様のビジネスはGoogleに掲載されています」というコーナーから見れます。「マップで見る」もしくは「Google検索で見る」をクリックすると、実際に店舗情報を確認することができます。一般ユーザーになりきって、Google検索で「業種+地名」などで検索してみても良いと思います。

次回は、他社と差別化を図るための運用のテクニックをご紹介したいと思います。
お楽しみに!!

Hara

この記事を書いた人: Hara

ビーズクリエイトの営業を担当しています。

あわせて読みたい