1. HOME
  2. B'scre8
  3. SEO対策
  4. Web集客のために取るべき手段は?②Web広告
SEO対策
自社の採用ページの改善に必要なこと

Web集客のために取るべき手段は?②Web広告

SEO対策

15

こんにちは。ビーズクリエイトのhinoです。

前回から2回に分けて、Web集客のためにサイトオーナーがとれる手段について解説しています。

今回は『Web広告』についてです。

よろしくお願いします。

前回のおさらい-Web集客とコンテンツマーケティング

Webサイトなどにユーザーを呼び込むための施策を「Web集客」と言います。

Webサイトは作っただけではなかなか人に見てもらうことは難しいため、何かしらのWeb集客を行う必要があります。

Web集客の手段の一つとして「コンテンツマーケティング」があります。

  • ブログ・お知らせ
  • オウンドメディア
  • InstagramやTwitterなどのSNS

これらを活用して、ターゲットとなる人たちをより多く集める方法です。

詳しくは前回記事、

『Web集客のために取るべき手段は?①コンテンツマーケティング』

にまとめていますので、是非ご一読ください。

Web広告とは

インターネットを通じてユーザーに届けられる広告を言います。

代表的なものとして、

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • SNS広告

などが挙げられます。

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでの検索結果に表示される広告です。

あらかじめ特定のキーワードを設定し、そのキーワードをユーザーが検索エンジンで検索した際に広告が表示される仕組みになっています。

例として、「車検」などで調べると表示されることがあります。

 

ディスプレイ広告とはWebサイトやアプリの広告枠上に表示される広告です。

バナー広告とも呼ばれ、画像や動画の形式で表示されます。

例えばYahoo!Japanを利用していると、ページの右側に広告表示枠があります。

SNS広告はTwitterなどのタイムライン上に表示される広告です。

他にもYouTube広告、メール広告などがあり、

もはやWeb広告は、見ない日はないと言っていいくらい身近に存在しています。

 

Web広告の特徴は、

  1. ターゲットを明確に設定しやすいこと
  2. 短期間で結果がわかること
  3. 効果測定がしやすいこと

などが挙げられます。

一方でWeb広告の弱点としては、

  1. 費用が発生すること
  2. ユーザーに不快感を与える可能性があること
  3. 運用が難しいこと

などがあります。

Web広告には様々な媒体が存在します。

自身のサービスや商品、WebサイトをPRする場合に、どの媒体を選ぶべきなどかなど、

方向性を定めるのにも知識が必要になります。

まとめ

今回はWeb集客の手段の一つであるWeb広告について解説しました。

コンテンツマーケティングと比較して、

短時間で効果測定が可能だが、運用が難しいうえ費用が掛かる」といった特徴があります。

以上から、初心者にとってはコンテンツマーケティングの方が取り組みやすいと言えます。

もしWeb集客を行うにあたって、コンテンツマーケティングとWeb広告どちらに注力すべきか迷った場合、

まずはコンテンツマーケティングに取り組むことをオススメします。

 

 

 

私たちビーズクリエイトは、目的達成のためのWEBサイト制作を得意としております。

ご依頼を希望の方はコチラからお問い合わせください。

また、ビーズクリエイトでは、一緒に働く仲間を募集しています。

ご興味のある方はコチラからお問い合わせください。

会社説明会の日程は、リクルートサイトのお知らせでご確認いただけます。