1. HOME
  2. B'scre8
  3. UAとGA4って何が変わったの?初級編
B'scre8

UAとGA4って何が変わったの?初級編

B'scre8, 調査・分析

60

営業の鈴木です。
アクセス解析ツールとして圧倒的なシェアを誇る、Googleアナリティクス。
2023年7月1日に今までのユニバーサルアナリティクス(UA)からGA4(Google Analytics 4)に完全移行されることが昨年発表されました。
今回はGA4に移行することで何が変わるのかを初心者の方向けにお伝えしていきます。

計測する単位が「訪問単位」⇨「行動単位」に変わった

今までは(UA)ウェブサイトのセッション数(訪問回数)が重要視されていましたが、GA4からはユーザーの行動を重要視する様になりました。
今まではウェブサイトに訪れた回数等の指標(セッション・直帰率・離脱率)が重要視されていましたが、ウェブサイトに訪れて「数秒だけページを閲覧した場合」と「ページを最後までスクロールして閲覧した場合」が同じ行動としてカウントされてしまっていました。
GA4に移行することにより、ユーザ行動を軸に分析することができる様になりました。
例えば、①ページに訪問して数秒だけ滞在した場合(訪問)②最後までスクロール(行動)した場合では②の方を重要視するということです。
つまり、同じページに滞在するユーザをこれまでよりも詳しく分析できる様になりました。

GA4の特徴

①行動を追いやすくなった

「ページの内容をほとんど見ていないユーザー」も「ページを下部まで表示して動画を再生したユーザー」も同じように、1ページ表示されたとして表示されていたが、「ページを下部までスクロールした」であったり「動画を視聴した」といったページ内の行動も「イベント」という単位で計測しやすくなりました。

②複数のデバイスを跨いだ解析ができる

Cookieという仕組みを使って計測がされていましたが、GA4ではGoogleシグナル*による計測に変わりました。
PCからアクセスしたユーザーがその後、スマホなどの別デバイスからアクセスした場合に、UAでは別のユーザーとして認識されていたがGA4では同じユーザーであると認識ができる様になりました。
※Googleサービスを軸とするユーザー行動を元にクロスデバイス(複数のデバイスで)でユーザーを特定する機能

③機械学習による将来の予測ができる

収集したデータの蓄積と解析が可能になり、将来のユーザー行動を予測できるようになっています。
現状、GA4では、機械学習を活用し、「購入の可能性」「離脱する可能性」「収益予測」を予測することができます。

新しい指標 エンゲージメント

GA4では新しい指標として、エンゲージメントという指標があります。
エンゲージメントとはページスクロール、クリック、資料ダウンロードなどユーザーが起こしたアクションのことを指します。
具体的にエンゲージメントがあったセッションは以下を満たした場合に計測されます

・10秒以上のサイト閲覧
・2ページ以上の表示
・コンバージョンイベントの発生(問い合わせ・購入・資料請求など)

また、エンゲージメント率も計測できる様になりました

エンゲージメント率=エンゲージメントのあったセッション÷全セッション数
全セッションの内、エンゲージメントがあったセッションの割合

まとめ

①行動を追いやすくなった
②複数のデバイスを跨いだ解析ができる
③機械学習による将来の予測ができる
④新しい指標エンゲージメントが追加された

GA4に移行することで大きく変わることは、エンゲージメントの概念が追加されたことによりセッション軸(訪問)⇨ユーザー軸(行動)が重要視されるようになりました。
また、今までのUAの計測は2023年7月1日に終了するので、時間に余裕をもった移行をお勧めします。

ビーズクリエイトでは一緒に働けるメンバーを募集しております

弊社では一緒に働けるメンバーを随時募集しております。

未経験の方でもウェブに興味があれば、関連する資格も会社の費用で取得することが可能です。※合格した場合に限ります

弊社HPより

合格した場合は受験費用を会社で負担します。(※費用に上限があります)

不安、未経験だけどできるかな?と思い悩む方、少しでも唐沢農機サービスで働くことが気になる方は、是非リクルートサイトをご確認ください。

未経験の方でも大丈夫です。ご応募お待ちしております!