デジタルマーケティングとWebマーケティングの違いとは?

はじめまして。株式会社唐沢農機サービスの久保田と申します。

唐沢農機サービスではディレクターとして、

会社全体では広報業務として業務遂行しております。

 

今回は、昨今よく耳にする「デジタルマーケティング」と

「Webマーケティング」の違いについて、わかりやすくご説明いたします。

特に従来の「Webマーケティング」と「デジタルマーケティング」の違いについて基本的な知識を

ご説明いたします。

 

そもそも「デジタル」という言葉、「Web」という言葉、そもそも言葉が異なります。

技術的な中心が同じインターネットであり、Web上での施策を行うことは共通であることから、

同じようなものだと捉えられがちです。

両者の違いは「マーケティングの対象として扱う世界の範囲」です。

 

Webマーケティングは名の通り、Webサイトの世界だけに閉じたマーケティングと

言えます。

Webマーケティングは企業が運営するWebサイトのコンテンツを充実させて

いかにお客様を流入、誘導させて購買や問い合わせなどのアクションに

つなげていくかを考えます。

SEO対策、リスティング広告、アクセス解析からのWeb改善…。

いづれにしても、Web上から取得可能な数値を検証します。

 

一方のデジタルマーケティングは、Webサイトの世界にとどまらずに、デジタルで得られる

あらゆるデータやタッチポイントを活用します。

Webマーケティングとの決定的な違いは

マーケティングが対象となる、扱う世界の範囲が格段に広いです。

Webサイトに表示される広告、電子メール、アプリなどを包括的に取り込みます。

もちろん、口コミ、SNS、デジタルサイネージやデジタルポイント、会員情報など

どこを通っている動線であるのか、位置情報も含まれます。

 

デジタルマーケティングの進化、加速度はスマートデバイスの普及によるものです。

ですから、デジタルマーケティングに対応できなければ

従来の顧客との関連性を繋がることが難しくなっております。

 

昨今は動画配信によるマーケティングが活況しております。

代表的なSNSであるFacebookも動画機能が強化されています。

また電話やメールだけではなく、チャット機能を搭載したコミュニケーションも

行われております。

・顧客の活動状況などのデータ収集

・収集データを基にした施策のシナリオ化

・施策を実行させ、効果を測定する

デジタルマーケットでの重要項目です。

 

パーソナライズされた適切なメッセージを用いて、

顧客が購入したいと思っているときに、購入したいと思っている場所で

顧客にリーチ!!

一緒に達成させませんか?

 

私たちでしたら、「Webマーケティング」も「デジタルマーケティング」も

どちらの手法も用います。

 

 

 

 

kubota

この記事を書いた人: kubota

大好きな日本アルプスも雪が積もりはじめました。
アイゼンとピッケルも準備もはじめました。
いっそ、早々に雪山になって欲しいものです。

ですが、毎日寒い日々は嫌という矛盾なワタクシ。

あわせて読みたい